會長あいさつ

皆様、こんにちは。私達の会は、若葉町神輿保存会 本神輿部『若鳳會(わかほうかい)』といいます。昭和50年9月、未来を担う子供達が樽神輿を担ぎ町内を渡御、祭り行事の産声をあげました。地域の活性化と子供の地域学習の場として、協調性と郷土愛など情操教育も含めた町内事業としてのスタートを切りました。その後、平成2年9月には子供神輿を立ちあげ、寒河江祭り「神輿の祭典」に参加するなど徐々に活動の場を広げ、若葉町全体行事として定着してまいりました。また、平成13年7月には初期の目的に加え、全世代間の更なる交流発展のため、町民総参加のもと待望の「本神輿」を制作し、名実ともに東北一の寒河江神輿会の仲間として、子供神輿と共に新たな船出をいたしました。町内の若者はもちろんの事、町外の方々にも参加いただいており、コミュニケーションを図る意味においてもすばらしい事業内容になっております。伝統文化の創造と継承、また永代の繁栄を築き上げるため、これまで長年受け継いできた「祭り神輿事業」を更に発展させる為、この度ホームページを開設し、広く皆様へ『若鳳會』情報を提供して参りたいと存じます。21世紀を支えていく燃え立つ若い衆達は、大いなる飛躍と感動、そして日本人の心のふるさと『粋』を伝えてくれるはずです。

平成16年2月吉日
(現:若葉町神輿保存会顧問) 渡邉 惣一